teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 367-0030

 投稿者:きでらメール  投稿日:2018年 5月20日(日)09時40分46秒 nfmv001014161.uqw.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.2182[元記事へ]

2018年6月18日より本庄七軒町局が移転し、本庄早稲田駅前局へ改称すると公表されました。
http://www.post.japanpost.jp/notification/storeinformation/detail/index.php?id=3428
2月24日に見に行っていますが、そろそろ現地に告知が出て、新局舎の完成も近い頃合いですのでまた見に行ってきました。(2018/5/19)

先に新局舎へ行ってみます。ベイシアゲート本庄早稲田の敷地内の南側、公道に面した場所にあります。
道路側が裏側、ベイシア店舗側が正面であり、駅前局といいつつ駅と逆方向を向いています。駅のすぐ前でもなく、局名に「駅前」は要らないと思ってしまいます。

道路側(裏側)は囲いがなく灰色の外壁が見えますが、正面側は仮囲いで囲まれ、中は工事車両の駐車場になっています。
また、局内は電気関係など工事中であり、人が多く作業していたり出入りしています。
外構工事は未着手のようで、少なくとも今月中は工事が続きそうです。

続いて、本庄駅の南口に近い現局舎へ。新局舎が駅前を名乗るなら、ここも駅前を名乗ってもおかしくありません。
昭和20~30年代に建てられたような、木造モルタルの古い建物です。縦型や袖型の橙色サインはありません。
ATMコーナーは外付けで、中は極めて狭く、これだけ見ても移転は激しく同意します。
局外の掲示板にも、ATMコーナー内にも移転の告知はなく、今回は空振りでした。いずれ貼られることでしょう。

現局舎と新局舎は約2km離れていますが、今回は廃止・開局ではなく移転・改称でした。客層が少しは重なるからでしょうか。
https://goo.gl/maps/1d32rT6SQxE2
 
 

619-0215

 投稿者:きでらメール  投稿日:2018年 4月29日(日)10時10分58秒 nfmv001073077.uqw.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  2017年9~10月に、日本郵便(株)の調達情報として、木津梅美台郵便局(仮称)新装工事という案件が掲載されていました。
所在地は京都府木津川市梅美台八丁目1番5、工事内容は施設内を郵便局に模様替する工事、工期は2018年3月5日までとなっていました。
それなら開局は4~5月だろうと思っていたのですが、公式の「開局情報(開局・一時閉鎖等)」や「日本郵便株式会社法第6条第2項の規定による届出関係」には掲載されず、5月中の開局もなさそうです。
ネット上を検索してもそれらしいページや記事は見当たらず、地元住民もあまり注目していないようです。ということで見に行ってきました。(2018/4/28)

木津川市木津町東部の丘陵地帯を開発した「けいはんな学研都市ハーモニーシティ木津」という新興地で、住宅のほかに研究機関や企業などが立ち並んでいます。
https://www.ur-net.go.jp/gakken/kidu/index.html
この日は京都からJR奈良線に乗ってきたので木津駅で下車して高の原駅行きの路線バスに乗りました(1時間に1本)。実際は奈良駅から路線バスが頻繁運転しているので、そちらのほうがはるかに便利です。

現地の最寄バス停は「梅美台西」といい、交差点名も同名ですが、バス停名は先月3月17日に「木津南ソレイユ」より改称された渡子とです。
http://www.narakotsu.co.jp/news/news_0840.html
そのソレイユ木津南とはスーパーマーケット(近商ストア)をメインとした商業施設の筈なのですが、実際はバリケードで囲われた廃墟であり、バス停だけに名称が残っていましたがようやく改称されたというところでしょうか。平成9年開業、平成26年営業終了と短命に終わってしまいました。
http://www.kgc-s.co.jp/company/history.html

ソレイユ跡の南側に、中村屋(スーパー)、スギ薬局やダイソーなどが入った商業施設があり、この駐車場の隅に、バリケードで囲われた真新しい平屋の建物が見えます。建物には看板や文字は全くなく、何の建物か分かりません。
建物の中は2つに分かれていて、向かって左側はコンビニ、右側は郵便局にしても不自然でない様子。バリケードの内側に入らなかったので室内の様子は良く見えませんが、内装工事が行われているようにも見えず、単なる空き建物になっています。
右側のほうは、壁の穴から電線が出ていて、ここに行灯式の袖看板が付けられるようになっています。ゆうちょ銀行ATMの看板を付ける準備でしょうか。
現地を見たもののさしたる情報は入手できず、JR奈良駅行きの路線バスに乗って現地を後にします。「梅美台西」から近鉄奈良駅まで一本道であり、交差点を曲がることがありませんでした。

現地は奈良県との境に面し、奈良市側に奈良青山局があり、距離は約1.2km。京都府にありますが、生活圏としては完全に奈良市なのでしょう。
https://goo.gl/maps/kE8LiwYTw662
 

32207

 投稿者:きでらメール  投稿日:2018年 4月22日(日)09時54分23秒 nfmv001067148.uqw.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  4月20日に郵便局の開局情報が更新され、富山県にある魚津双葉局が2018年6月22日をもって廃止になるとのことでした。2ヶ月も前に告知されることは珍しく、早速見に行ってきました。(2018/4/21)
http://www.post.japanpost.jp/notification/storeinformation/detail/index.php?id=3421

魚津双葉局は富山地方鉄道電鉄魚津駅の近くにあり、旧来の中心的な商店街や漁港にも近く、立地的には廃止する理由は全く思い浮かびません。中心的な商店街にある魚津金屋局から500m弱と近く、客の取り合いになっているなら離して移転すれば済むことですし。
なお魚津市街地には、魚津金屋局の北500m弱の位置に道下簡易局がありましたが、2014年に一時閉鎖され再開していません。やはり近すぎるからでしょうか。

局舎は広い2車線道路に面し、局舎は小さいものの隣の敷地が空いていて駐車場になっています。魚津金屋局と違い自動車での訪問には問題ありません。
奥に向かって片流れの屋根になっていて、雪国ではよくみられる形状です。道路側は2階建てで奥が1階になっています。
土曜日の午前なのでATMコーナーに入ると、例の様式の告知文が掲示されていました。
「郵便局の閉店のお知らせ」という標題で、代替局は魚津金屋、魚津住吉、魚津の各局が挙げられています。

局舎玄関の上には赤い板が貼られていて、郵便事業会社と郵便局会社が合併した後のいわゆる赤化の一つなのですが、玄関扉は橙色のままで中途半端です。赤化した局を廃止するのは、赤い板が無駄になってしまうので本来なら赤化すべきでなかったのでしょう。部外者には窺い知ることのできない急な事情で廃止するのかもしれません。

なお、魚津市にはレンタサイクルがあり、急峻な山地や激坂はないので、時間が許せば市内全10局を訪問することができます。海岸から北陸道ぐらいまでの範囲なら有用でしょう。
http://www.uozu-kanko.jp/miracle/

https://goo.gl/maps/ZGaoyDT8Gto

 

(続)02488

 投稿者:きでらメール  投稿日:2018年 4月 1日(日)08時41分19秒 nfmv001073140.uqw.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  続いて、移転先であるアピタテラス横浜綱島に行ってみます。
旧局舎の北西にあるパナソニック綱島事業所の跡地の一部であり、他はマンションや事業所になっています。
ユニーが経営し、アピタがメインテナントとなったショッピングセンターであり、3月28日にプレオープン、3月30日にグランドオープンしました。
更に北にアピタ日吉店があったのですが一昨年に閉店し、事実上移転・復活したようなものです。
http://apita-terrace.com/

郵便局は1階の北東側にあり、建物の玄関から入った横にあります。シャッターが閉まっていますが中を覗くことができ、ATMは2台設置されます。窓口は更に奥にあり、更にシャッターがあり見えません。
郵便局入口の左側は木製の縦型の格子になっていますが、旧局舎の玄関横の窓も縦型の格子であり、もしかしたらイメージを継承したのかもしれません。

営業時間は郵便9~17時、貯金・保険は9~16時と、ショッピングセンターの中にありながら通常どおり。ただし郵便は土曜・休日も営業するのが特筆することです。もちろんATMはホリデーサービスです。

郵便ポストは建物の玄関の外にあります。使用は4月2日からと、集配局である綱島郵便局名の掲示が貼られていました。
 

02488

 投稿者:きでらメール  投稿日:2018年 4月 1日(日)08時36分28秒 nfmv001073140.uqw.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  2018年4月2日よりアピタテラス横浜綱島に移転、改称する横浜南綱島局を見に行ってきました。(2018/3/31)
http://www.post.japanpost.jp/notification/storeinformation/detail/index.php?id=3393

2階建ての木造モルタル局舎で、1階が郵便局、2階が住宅になっています。尤も、2階は居住しているようには見えません。
局舎には橙色の縦型のサインや、局舎玄関や外壁に局名文字は見当たりません。実は、シャッターの中の玄関扉に局名が書かれています。
移転準備のため3月28日をもって営業を終了し、3月29・30日は臨時休業していました。
旧局舎になったばかりであり、〒標識やキャッシュサービスなどの文字類は白いシートで覆われていました。

例のフォーマットの掲示物が貼られていまして、掲示期間は2月28日から3月28日まで。おそらく、しばらくの間は貼られ続けるのでしょう。
また、「51年間ありがとうございました」という題名の局長挨拶文も貼られています。昭和42年の開局と書かれていて、この局舎は開局当初より使われてきたことが分かります。
郵便ポストに移設や廃止の告知はなく、しばらくはそのまま使われるようです。

https://goo.gl/maps/7dS61uoYCXG2
 

01308

 投稿者:きでらメール  投稿日:2018年 3月11日(日)15時31分11秒 nfmv001070094.uqw.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  品川区にある品川旗の台郵便局が2018年4月28日(土)より一時閉鎖されるとのことで、見に行ってきました。(2018/3/10)
http://www.post.japanpost.jp/notification/storeinformation/detail/index.php?id=3375

東急池上線旗の台駅の東側の改札を出て、踏切を渡って左(北)に進み、中原街道に出て右に曲がった先の右側にあります。
郵便局は4階建てのビルの1階にあり、上階は集合住宅になっています。住宅は殆ど空室になっているように見えます。
ATMコーナーは局内にあり、ホリデーサービスのため土曜午後や休日も稼動しています。

例のフォーマットの「郵便局の一時閉鎖のお知らせ」がATMコーナー内に貼られていて、「当分の間閉鎖します」と書かれています。
閉鎖の理由や再開時期等は書かれていませんが、「閉店します」などと廃止と区別がつかない表現をしていないだけ再開可能性を模索しているのかもしれません。

ビルの「定礎」には昭和53年4月と彫られていて、今年で築40年になることが分かります。
確かに近くで見ると老朽化は進んでいますし、郵便局の出入り口はスロープがなくバリアフリーでなく、上階へのエレベーターはなく住宅としても使い勝手が良くないのでしょう。
憶測ですが、大規模な改修(模様替え)をするなら建て替えをしたほうが良いとオーナーが考えたのかもしれません。
また道路の向かい側には昭和大学や付属病院があり、また旗の台駅周辺では唯一の局であるため、決して利用客数が少ないとは思えず、単に移転先や仮局舎が見つからなかっただけかもしれません。(物件の公募はしていない)

代替として、荏原局、品川千足局、品川中延三局などが挙げられていますが、いずれもほぼ等距離であることや、旗の台駅の西側や南側に他の局がないことなどより、空白地帯になってしまいます。現場所にこだわらず移転先が見つかることを望みます。

https://goo.gl/maps/x9c7XTvbPFk
 

367-0030

 投稿者:きでらメール  投稿日:2018年 3月 4日(日)13時36分30秒 nfmv001067034.uqw.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  埼玉県本庄市の新幹線本庄早稲田駅の近くにあるベイシアに郵便局が建設されるみたい、という記事を見て、現地を見に行ってきました。(2018/2/24)
http://sai2.info/archives/7314441.html

本庄早稲田駅までは新幹線で行かなくても、高崎線本庄駅から南に一直線、約2km強なので徒歩でも行けますし、はにぽんシャトルという直通バス(実際はワゴン車)もあります。
http://www.city.honjo.lg.jp/kurashi/bosai/koutsuu/1381281352870.html
駅の北側一帯は区画整理され、「早稲田の杜」という町名になっています。といっても早稲田大学関係の施設はこの区域にはなく、別の場所にあるというのが滑稽です。
ベイシアゲート本庄早稲田もこの区域にあり、本庄早稲田駅から見えます。郵便局らしき現場は敷地の南側の道路に面した場所であり、駐車場の入口の横になります。

さて今回の現場はバリケードで囲われ、その中に平屋の現場事務所があります。また駐車場だった場所のアスファルト舗装がところどころ剥がされ、これから整地されるのでしょう。
現場事務所の外壁に、この種の下見で最も重要な「労災保険関係成立票」が貼られています。注文者は日本郵便関東支社長、事業期間は平成30年6月18日までとなっています。
これだけでは工事名、面積や建物構造などの情報がなく、郵便局の建設現場であることは断定できませんが、期待を抱いて良いでしょう。

このご時勢、大都市近郊ではない場所で純粋な新設というも考えにくく、新局と引き換えにどこかの局が廃止になる、または移転改称する、というのは十分考えられます。
本庄市の中心部まで2~3kmの場所であり、無集配局が数局あることや、いずれも局舎が古いことなど、これからも状況を注視していくことにします。

https://goo.gl/maps/uu7saCJkwak
 

01141

 投稿者:きでらメール  投稿日:2018年 3月 4日(日)12時42分52秒 nfmv001067034.uqw.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  > No.2180[元記事へ]

続いて文京大塚二局へ移動します。新宿中落合局からだと真東に4km弱の場所ですが、直通する交通機関はありません。
地下鉄丸の内線だと新大塚駅と茗荷谷駅のちょうど中間あたり、また地下鉄有楽町線の護国寺駅からも歩いて行けます。
春日通り(国道254号線)と不忍通りが交差する大塚三丁目交差点の南西側の角にある、6階建てのマンションが目的地です。
マンションの右にある2階建ての建物には大きくブルーシートが貼られていて、尋常な雰囲気ではありません。

局はマンションの1階にありますが、路面に面しておらず、通路の奥にあります。
通路の入口の上には「文京大塚二郵便局」という文字看板と〒マークが外壁に貼られていますが、ともにかなり赤錆が目立ちます。
例の告知の紙は通路の入口にある掲示板に貼られていて、題名は「郵便局の一時閉鎖のお知らせ」とあります。
本文には「当面の間一時閉鎖」と書かれていますが、理由や再開時期は書かれておらず、これだけでは事情は分かりません。

近くの店舗跡に「解体工事のお知らせ」という標識が貼られていて、工期は平成30年3月28日から9月8日まで、と書かれています。
マンション1階には飲食店など数店舗ありましたがいずれも閉店しています。またマンション上階の住居は1階の集合郵便受けがすべてガムテープで封鎖されていて、郵便局以外のテナントや住人はすべて退去していることが分かります。
郵便局が撤収したらすぐに解体工事に入るのでしょう。
また、このマンション以外にも青シートの建物や別の店舗建物も閉店しているので、これらをまとめて解体し、一棟の大きな建物を新築するのかもしれません。

さて郵便局ですが、通路の奥の突き当たりにあり、横は上階に通じる階段とエレベーターになっています。局に入るとATMコーナーがあり、その奥がロビーですが、シャッターが下りていて様子は分かりません。
建て替え後の建物に郵便局が設けられるかは不明であり、仮局舎はなし。近くに文京大塚五局や小石川五局があり、あまり不便がないのだろうという判断なのかもしれません。

http://www.post.japanpost.jp/notification/storeinformation/detail/index.php?id=3343
 

00201

 投稿者:きでらメール  投稿日:2018年 3月 4日(日)12時41分15秒 nfmv001067034.uqw.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  2018年3月24日に一時閉鎖する新宿中落合局と文京大塚二局を見に行ってきました。(2018/3/3)

先に新宿中落合局へ。目白通りに面していて、山手線目白駅から西へ約1.8kmほどの場所です。更に西には都営大江戸線の落合南長崎駅があります。
また局前には池袋や練馬、中野などから路線バスが多く走っています。
木造モルタルの2階建ての建物で、建築年代は昭和30~40年代でしょうか。窓に格子がはめられていることが古さを際立たせます。
ATMはホリデーサービスで、局のロビーとは別の扉から出入りし、局内から行き来できません。

建物の玄関横やATMコーナーには定型的なフォーマットの告知文が貼られていて、「一時閉鎖のお知らせ」とあります。
他局だと一時閉鎖なのに「閉店」と書かれているものもあり、一時閉鎖と書かれていることより再開の可能性が窺われます。
本文には「2019年夏頃、現在の位置で営業を再開する予定です」と書かれています。

この告知文とは別に「建築計画のお知らせ」という標識が貼られていて、平成31年6月30日までの期間に9階建ての共同住宅等の建物が建つ予定のようです。
これらのことから、現在の建物を取り壊してマンションを建て、テナントとして郵便局が入居する予定であることが分かります。
今回の一時閉鎖は、局舎の建て替えのためであり、建て替え期間中仮局舎は設けないことになります。
ちなみに隣にある美容室も閉店の貼り紙が貼られていて、複数の建物をまとめて建て替えするのだろうと想像します。

(続く)

http://www.post.japanpost.jp/notification/storeinformation/detail/index.php?id=3342
 

02687

 投稿者:きでらメール  投稿日:2018年 2月18日(日)12時46分44秒 nfmv001012019.uqw.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  日産座間工場の跡地に建設中であったイオンモール座間が2018年月3月16日(金)にグランドオープンする運びとなりました。
近年、イオンの中に郵便局が設置されることが多く、密かに注目していたのですが、どうやら近くにある座間相模が丘局が移転・改称するようであるため、見に行ってきました。(2018/2/17)

同局の公式サイトでは「2018年3月13日(火)に移転し、3月8日(木)から12日(月)までの間は臨時休業する」と記載されています。
https://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300102687000/
http://zama-aeonmall.com/shop/detail/36

小田急相模原駅で下車。同駅最寄りの相模原松が枝局に寄ると、ATMコーナーに座間相模が丘局の移転の告知が貼られていました。当該局以外にこの種の告知文が貼られていることは珍しいです。むしろイオンモールに局が設けられることが言いたいのかもしれません。
ということで、現地に到着する前に概要が判明したので記します。

2018/3/13移転,改称 座間相模が丘(ざまさがみがおか)→イオンモール座間内(いおんもーるざまない)
  252-0001 神奈川県座間市相模が丘3-67-19
 →252-0012 神奈川県座間市相模が丘広野台2-10-4
(取扱業務:郵便,貯金,為替,振替,生命保険,ATM)

2018/3/8から3/12まで移転のため臨時休業とのことですが、一時閉鎖の扱いにはならないのでしょうか。
また、移転後の営業時間も書かれていて、郵便は平日・休日ともに10:00~18:00、貯金・保険は平日10:00~17:00となっています。
営業時間が1時間後にシフトしていることから、外から出入りできない内向き局舎になるのでしょう。

徒歩で座間相模が丘局へ移動。局舎は部分的に2階建てになっている平屋の局舎であり、局名文字は細身の郵政書体というのもあり、昭和50年前半の建築と思われます。
駐車場は公式サイトでは2台となっていますが、隣の駐車場を2台分借りているようです。
同局の局前に掲示板がありますが何も貼られていません。ATMコーナーに入ると、ATMの横に移転の告知文が貼られていました。

南西へ約10分ほど歩いて、イオンモール前へ移動。神奈川県道50号座間大和線に面していますが、同道は両側2車線であり、イオンモールが開業したら渋滞は必至でしょう。
郵便局は1階に設けられるようですが、公道から見える位置ではないようで、全く分かりませんでした。
イオンモールへは小田急相模原駅から徒歩20分以上かかり、南林間駅や小田急相模原駅から神奈中バス「小松原入口」で降りるのが良さそうです。イオンモールの前にバス停が設けられるため路線の変更があると思われます。

https://goo.gl/maps/3j6zHzxPVCQ2
 

レンタル掲示板
/196